バナジウムはペットの水としてOKなのか否か

我が家では飼い猫のためにとミネラルウォーターを検討しているわけですが、一般的には健康志向のある人間向けに発売されています。だからこそ注意が必要ですね。

・ミネラルウォーターと健康ブーム

従来は、単に風味のよい水として、販売されていたミネラルウォーターですが、次第に健康志向の商品が出るようになります。それは、同じようなミネラルウォーターに特色を付けるというような目的から出た販売戦略です。

近年は、バナジウムというミネラルが、注目を集めています。バナジウムは、体内の血糖値を低下させる効果があり、血液をサラサラにする効果があるといわれます。その為に、このバナジウムを配合したミネラルウォーターを売りに健康食品として販売されているようです。

しかし、このバナジウムの糖尿病抑制効果は、今の所、まだまだ実験結果があるという段階だそうです。実際にバナジウムに糖尿病抑制効果がある事が実証されれば、それは特定保健用商品(通称特保)の対象になります。しかし、現段階では、特保認定を受けたミネラルウォーターは存在していません。ですから、バナジウムウォーターと謳っているミネラルウォーターには、明確に糖尿病予防効果がある、と書いてある商品はありません。あれば、薬事法違反になるからです。

しかし、バナジウムに効果がないと言っている訳ではありません、今後の研究によって、その糖尿病抑止効果が実証されれば、史上初、特保のミネラルウォーターが出現するかも知れませんね。ウォーターサーバーを扱う企業の中でもバナジウムを取り入れているところが数社ありますね。ペット 水にバナジウムがどのような影響があるのか分からないので、とりあえずは避けた方が賢明かもしれません。今後の研究成果に期待したいところです。

このブログ記事について

このページは、Nickが2013年4月 7日 08:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペットの水に欧米の炭酸水を選ぶときは注意が必要です。」です。

次のブログ記事は「ペットの水としてミネラルウォーターを与えるなら採水地の安全性も要チェックです。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2